• Home
  • 投稿者: modulaonline

旅費の足しにしよう

クレジットカードの現金化は使い方次第でとても得をし、そんを最小限にする事が出来る場合があります。まずはどのような場面で利用するのか、しっかりとシュミレーションする事が大切です。

旅費は現金がお得?

旅行に行く時に一番最初に立ちはだかるのは旅費の問題、これをクリアしなければ楽しい旅行に行く事は出来ません。旅費の問題で注目しておきたいのは、カードと現金のどちらが得をするのか。

まず旅行に行く場所で大きく変わってくるので、旅行先の情報を集める必要があります。現金しか使えない場所が多いのか、それともカード利用が出来る場所が多いのか。

場所によってはカード利用時の利率が高い場合があるので、しっかりと確認しておく必要があります。楽しい旅行にするためにもしっかりと情報を集めておきましょう。

現金の方が安全?

旅行に行くと金銭トラブルに巻き込まれてしまい、大きな問題に発展する事があります。今の時代ではほとんど無いと言えますが、カード情報を買い物の時に抜き取られると言う事件が頻繁した時期がありました。

このようなトラブルを未然に防ぐにはカードを使わない、また現金を利用する事が大切になります。もしカードで旅費を捻出するのであれば、カード現金化を利用し先に現金にしておく方法もあります。

現金にすることで旅行先でのクレジットカード情報が第三者に漏れる事を防ぎ、無駄なトラブルを避ける事が出来ます。どちらの方法が良いのかしっかりと考えた上で利用し、楽しい旅行にしましょう。

時間を有効に使おう

旅行先では一分一秒無駄にはせずに時間を使いたい、そう考えた場合活躍するのがクレジットカードです。クレジットカードは現金を支払う時に掛かる時間の短縮に繋がり、観光時間などにあてる事が出来ます。

しかしカードが使えない場所も多く存在しているので、現金も必要になってきます。そのためにもカードのショッピング枠を使い現金を作り、旅費に当てる準備も必要だと言えるかもしれません。

利用規約違反にならないの?

クレジットカードの現金化は利用規約違反にならないの?と疑問を持つ方もたくさんいると思います。また同時に違法なのでは?と感じる方もいると思います。

基本的に規約違反になる

まず利用規約の面から見ると確実に利用規約違反にあたり、カード会社が事実の証拠を掴んだ場合は即時利用停止になる可能性があります。あくまでもクレジットカードの存在意味はショッピングでの利用に関してで、現金化するためのものではないからです。

また現金が必要な場合に利用出来る正式なサービスのキャッシング機能があり、この利用額なども法律のにのっとり決められています。必ず利用する時は利用規約違反にあたる行為だという事を把握しておきましょう。

違法にはならない理由

なぜ法律に触れないのか疑問に感じると思いますが、実際はカードで買い物をした形跡しか残らない事があげられます。記録上ではショッピングをしただけなので、法律には触れない訳です。

しかし利用規約違反になる観点から見ると、カード会社を騙した詐欺行為になる可能性があります。しっかりと自覚を持って行動し、周りに迷惑をかけない様に心がけて行動しましょう。

なぜ取り締まりが強化されないのか

クレジットカードの現金化が広まって疑問に思うのは、なぜ取り締まりが強化されないのかいう点です。それは普通に考えると答えが見え、システムの複雑さが見えてきます。

まずクレジットカード会社側から見ると、利用規約に違反していたとしてもきちんと支払いがされている。この実績があると確定した証拠がない限り動けず、さらに売り上げの減少に繋がるので積極的に取り締まりを強くしないと言えます。

この様に売り上げに直接関わる場合、会社としては損失が一番少ない方法を選びます。なのでなかなか露見しないのも必然的な事だと言えるかもしれません。

現金化のメリットは?

クレジットカードの現金化にはメリットとデメリットが存在しており、その特性をしっかりと理解しておく事が大切になります。また特性を理解する事により、より効率良く利用して行く事が可能になります。

メリットの意味は?

クレジットカードの現金化の最大のメリットと言えば、ショッピング枠を現金化出来る事にあると言えます。現金がある事で出来ることは大幅に増え、自分の中で描いている事に大きく近づく事が可能になります。

また現金は目で見て把握する事が出来るので、使い過ぎなど防止にも繋がって行きます。さらに無駄使いを減らす事で、新たに使う事が出来る現金を生み出せるメリットも存在します。

デメリットも存在する

カードの現金化はメリットだけではなく、デメリットもしっかり存在しています。まず一つ目は還元率の壁、還元率が悪いと実際に利用出来るショッピング枠を大幅に下回り損をします。

さらにカードの利用時に必ず金利が加算されるので、還元率とカードの金利次第ではかなり損をする可能性があります。二つ目はカード会社にバレた場合、カードの利用資格が剥奪される可能性がある事です。

危険は付き物

カードの現金化はカード会社と利用者が交わしている利用規約違反にあたり、あまり良い方法だとは言えない事です。法律の観点からは違法にはなりませんが、利用規約違反には当たるので注意が必要です。

クレジットカードの現金化は危険が付きまとうことと、ショッピング枠を利用しているので毎月支払い請求が来ること。その点をしっかりと理解した上で利用し、あとあとトラブルにならない様に注意してする事が必要です。

しっかりとどの様な形で利用する事がメリットに繋がるのか、またデメリットに繋がるのか考えましょう。そうする事が大切になり、しっかりと計画を立てる意味にも繋がります。

現金を上手に利用しよう

生活をして行く上で必ず必要になるのが現金、現金は生きて行くためには必ず必要になります。そんな現金を大切に使う為にもクレジットカードの現金化の特性を理解しましょう。

生活費に変えてみよう

現金は生活をして行く上で必ず必要になり、働いて稼いでいく必要があります。これは生きていく為には必要な事であり、誰もが必ず目の当たりする壁だと言えます。

それでも生活費が足りなくなってしまった場合、利用できるのがクレジットカードの現金化だと言えます。どうしても足りない場合のみ利用し、現金化するようにしましょう。

効率のいい使い道は?

もっとも効率のいい使い道は計画的に利用し、自分の支払い出来る範囲で利用する事が大切になります。まずは自分の支払い能力、つまり無理の無い返済計画を立てる事が何よりも必要になります。

またどのような事に現金を使うのかを見てわかるようにし、意識的にも変えて行く必要があります。少しの意識改革で状況を改善できる事出来、少しずつ自分の周りの環境を変えて行けることを覚えておきましょう。

損をしない為にできる事

クレジットカード現金化を利用する時、損をしない為にできる事があります。それはしっかりと情報を集め、還元率がもっとも高いタイミングを導き出すことだと言えます。

ネット上に公開されている情報を集め精査し、もっとも信用出来る情報を自分で導き出す事が大切になります。定期的に情報を集める事で自分にとって何が必要なのか、また何が不必要な情報なのか判断できる様になってきます。

知識を蓄えて行く事が自分の力になり、人生の大きな糧になってくると言えます。また情報を集める技術は、様々な情報を集める為にも役に立つ事を覚えておきましょう。

急な飲み会で力を発揮

急な出費などが発生する場面として、給料日前の飲み会などがあげられます。飲み会などでは会費を集める事が多く、現金でしか対応出来ない事が多くあります。

飲み会は現金が主流

飲み会の場合は約9割が会費を集める形で、現金が必要になると言えます。こんな時に力を発揮してくれるのが存在、それはクレジットカードの現金化だと言えます。

飲み会が開催されるのは給料日前になる事が多く、お金が足りない状況になる確率が高いと言えます。そんな時の味方がクレジットカードの現金化であり、計画的に利用できる様に準備もしておきましょう。

飲み屋は現金がお得?

飲み屋は現金が使えるがカードが使えない場所が多く、現金が必要になる場合が多くあります。特に下町などにある飲み屋はカードより現金が主流になっており、隠れ家的な飲み屋に行く場合は現金を用意して行きましょう。

また現金だからこそ割引してもらえる場合などもあるので、行く場合は必ず現金を用意しておきましょう。普段からカードを利用している人はクレジットカードの現金化は都合がよく、生活リズムを崩さずに利用出来ると言えます。

やっぱり現金払いが安心

飲み屋などで仲のいい仲間と飲むとついつい飲みすぎてしまい、ついつい使い過ぎてしまう場合があります。特にカードで支払いをしてしまうと使っている感覚が薄いのでついつい予定より使い過ぎてしまい、後で後悔してしまう事態に陥る可能性があります。

その様な事態にならない為にもお酒を飲む場合は目で見て確認出来る現金を用意し、しっかりと自分が幾ら使っているのか把握する様にしましょう。そうする事で無駄使いを減らし、節約に少しだけ繋がると言っても過言ではありません。